まねき猫の部屋

健康や人生についての想うことを発信していきます。不定期更新ゆるい更新です。

2020年のブログ人口を推定してみた

アクティブなブログ人口は何人か?

0-表紙-ブログ人口は一定という仮説を考えた


定期的に更新している国内のブログ人口を調べてみました。

驚いたことに最新の統計資料がほとんどない状態でした。今回は確認できたデータをご紹介しつつ、簡易的な推定をしてみました。 

お時間があったらお付き合いください。

 

目次

 

 

 

 

1.ブログ人

総務省が、2005年9月末におけるブログ登録者の集計結果を発表しています。

 

今回発表された集計結果は、ブログを運営する企業33社、SNSを運営する企業13社について、それぞれの登録者数を単純合計して算出したもの。その結果、ブログの登録者数は473万人SNSの登録者数は399万人となった。

URL:

日本のブロガー人口は473万人、SNS登録者は399万人--総務省が発表 - CNET Japan

 

2005年9月末で、ブログ登録者は

473万人だそうです。

 

ちなみに2005年3月末の実績と2006年、2007年3月末の予想も書かれていました。
表にしたのがこちらです。

1-1-ブログ登録者とSNS登録者2005年

2006年3月末 621万人
2007年3月末 782万人

右肩上がりの増加を予想していましたね。

これは、あくまでブログの利用登録した人数になります。

閲覧だけの人も、実際にブログを書いている人も含まれる数字です。

 

次に、アクティブブログ人口を推定していきます。
まずは、定期的にブログを更新しているブログ数を見てみましょう。

 

2009年に総務省 情報通信政策研究所が、「ブログの実態に関する調査研究」平成21年3月(2009年)に、アクティブブログ数を出しています。
この研究内容は、かなりアカデミックで面白いのですが、その後の発表がないのが残念です。

 

アクティブブログ数とは1ヵ月に1回以上の頻度で継続的に更新されているブログ数のこと。

 

1ヶ月に1回以上というのは、少々甘い感じがしますが、1ヵ月1回以上というのが一つの区切りとして判断しやすいのでしょうね。

アクティブブログ人口の定義もこれを使っていきたいと思います。

 

参考までに、この資料に載っている1ヵ月の記事更新数のグラフです。

1ヵ月間で更新する記事数の分布

ご覧のように1ヵ月で1回しか更新しない人が最も多くて、右下がりの指数関数カーブを描いています。平均で約14記事/月になるそうです。

 

さて、アクティブブログ数の実績をグラフにしてみたのがこちらです。

2001年1月から2008年1月までの月間の推移データです。 

1-1-ブログ黎明期から成長期のアクティブブログ数の推移2001年1月から2008年1月

研究資料のあるURL:

https://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/survey/telecom/2009/2009-02.pdf

 

2004年くらいから急激にブログ数が増加して2005年~6年で約320万ブログまで拡大しましたが、その後は、300万ブログのまま横ばいで2008年1月まで推移しています。

なお、急増した2004年というのは、アメーバブログアメブロ)が提供を開始した年でもあります。多くのブログ提供業者が前年に誕生した時期です。

 

これは、アクティブなブログ数なので、ブログ人口に変換する手立てがいります。

参考にしたのが、1人当たりの平均ブログ数です。

1人当たり平均ブログ数

平均は、約2.2ブログ/人と仮定しました。

この割合を利用すると、

298万ブログ÷2.2=135万人

2008年当時のアクティブブログ人口は、

約135万人

と推定されます。

 

当時、ブログファンというブログ情報提供サイトがありました。
その記事によると、2009年に3強と呼ばれたブログサービスの月のアクティブユーザーは、アメーバブログ115万、FC2ブログ43万、Yahoo!ブログ25万だそうです。

その合計値は、183万人となります。

2008年と2009年の1年違いですが、フェルミ推定程度には、そこそこの一致度があるように感じています。
注:フェルミ推定とは、調査が難しい量をいくつかの手がかりから推論する手法

 

さて、それ以降の数字を探しましたがいまだに見つかっていません。


アクティブなブログ人口は、企業や官庁にとって重要な秘密なのでしょうか?
公開してほしいものです。

 

そうした中で、

2018年(平成30年)の総務省の情報通信白書に
2017年におけるブログで積極的に発信している人の割合は約4.6%という報告があります。

 

1-3-2018年(平成30年)ブログ利用の状況調査データ

データ元URL:

総務省|平成30年版 情報通信白書|ソーシャルメディアの利用状況

 

この結果は、インターネットアンケート調査で20歳~79歳までの各年代を100人ずつ合計1200人のサンプリングデータです。

 

1-3-2018年(平成30年)ブログ利用の状況調査データ-調査概要対象20から79歳まで

 インターネット調査では典型的なサンプリングですね。そこで、この数字を用いて、2017年におけるアクティブブログ人口を推定してみます。2017年としたのは、サンプリング対象の満年齢が前年になる点からの判断です。

 

まずは、2017年の各年齢別の人口を統計データから入手しました。
合わせて、白書のインターネット利用率も使わせていただき、母集団を推定します。

 

1-4-平成30年-20~79歳のインターネット利用人数推定

20歳から79歳までの男女でインターネットを利用できる環境にある人は
約7,938万人と推定できました。

 

続いて、この母数を使って、アンケートの割合から利用人数を推定します。

1-5-ブログ利用人数の推定

積極的に発信している人をアクティブなブログ人口と仮定すると、

約365万人となりました。

 

この結果は2008年の推定値
135万人

からすると2.7倍に増えている計算になります。

 

推定方法が、異なるので明確には言えませんが、2008年から2018年の約10年で倍増していることは間違いなさそうです。

また、2018年の推定は、企業ブログなどがカウント出来ていないので、もう少し多いと思います。

 

 

なお、閲覧が多い人口もアクティブブログ人口に足すと
365+429=794万人

と相当量になります。

この数字はやや過大な感じがしました。

 

閲覧のみの方を足したいわゆるブログ登録者数は
2207万人で、
日々ブログを読んでいる人の人口といったところでしょうか?

 

ほぼ利用なしも含めた総人数が、

2731万人となり、

いわゆるブログ登録者の総数という感じかもしれません。

 

一方、
ブログ登録者では、2019年にアメーバーブログ登録者が、6500万人を超えたと報告しています。

www.cyberagent.co.jp

注:6500万人は、「Facebook」や「Twitter」などのID連携する他サービスIDでの利用者も含めた、「Ameba」サービスの累計会員数(2019年8月5日時点)

 

この数字は、色々なSNSの利用者も含めた数字なので重複した数値と思われます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2.アクティブブログ人口の推定

アクティブなブログ人口は、

2008年の推定値
135万人

2017年の推定値

約365万人

となりました。

 

では、2020年はどうだったかを推定してみます。

前提の1つは、ブログを始めた人の残存率の仮定です。これは、先の研究データを利用させていただきます。

ブログ残存率の仮定

 

そして、人口を推定するモデルは、以下を使いました。

アクティブブログ人口の推移モデル



日本の総人口のある人数の割合が毎年ブログを始めて、参入したプレイヤーがある割合で、ブログを止めていくいうモデルです。

前提2となる毎年のブログを始める人は、アメーバーブログ登録者などの増加数字を参考に数値化してみました。

簡易的な予測なので、参考程度にごらんください。

 

計算した結果がこれになります。

アクティブブログ人口の推定2020年



先ほどの推定値も参照しながら、2020年の予測値を見ていきます。

年    予測値   推定値(単位:万人)

2008年  136   135

2017年  297   365

2020年  280

 

今回の試算では、2020年のアクティブなブログ人口は、

280万人

と出ました。

 

この数字はかなり低めではないかと感じています。

2008年は、2つの数字がよく一致していますが、
2017年の数字は、かなり乖離が見られます。

2017年は2つの数字のどちらも前提や仮定がまだ検討不足なのでしょう。

 

たとえば、モデルに登録者の数値を用いていますが、登録者数No.1のアメーバーブログの登録者が、2018年6200→2019年6500万人と増加数が300万人しかありません。

今回の結果に、アメーバーブログの登録者の増分が少ない影響が想定されます。

 

一方、私が利用している、はてなブログは、堅調に増加していました。

2-1-はてなブログ登録ユーザー数と月間ユニークブラウザー数の推移

ブログサービス事業者は数百社あります。
上位20社で75%程度は説明できるらしいですが、
今回は、上位数社の断片的な数字だけのデータなのでデータが不十分なのでしょう。

さらにデータの発掘や、モデルの精緻化を図っていかなければならないでしょう。

 

もう少し分析を深めて、この記事は何度かリメイクをしていこうたと思っています。

今回は、とりあえずやってみた程度ですが、検証結果をシェアしてみたいと思います。

皆さまのご感想・ご意見をいただけると幸いです。

 

3.参考

 「ブログの実態に関する調査研究」研究では、以下の推計モデルを採用していました。

 

1-2-ブログコンテンツ量推計のモデル

このモデルによると、開設したブログが、その後も更新している割合は、
1年後で 30%
2年後  20%
3年後   3%

という数字だそうです。

ある民間データでは、1年後10%という話しを聞いたことがありますので、2009年当時はこんな割合なのかもしれません。

 

 こうしたサービスの普及率は、S字カーブを描くことがよく知られています。

 

2-1-普及率を表すS字カーブ

 

 S字カーブは、ロジスティック曲線の式を用いることが多いです。

その式は以下になります。

2-2-ロジスティック曲線の式

 

k:上限値 C:定数 a:立ち上がりを決める係数 t:時間(等間隔の整数)

 最近のSNSの登録者数の様子です。

国内SNSアクティブユーザー数順位

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

こうした記事も読んでやってください。

 

www.my-manekineko.net

 

 

www.my-manekineko.net

 

 

www.my-manekineko.net

 

 

 

 

 
 

 

終わり