まねき猫の部屋ーブログ

問題解決や人についての想うことを発信していきます。2019年から基本月曜日に更新しています。

花桃の実で今年も花桃酒を作りました。

スポンサーリンク

 花桃の実をブランデーベースの花桃酒にする

ブログにご訪問ありがとうございます。

ブランデーベースのリキュールを使ったちょっとリッチな果実酒を作りました。
昨年に続いて二回目です。
昨年はホワイトリカー花桃酒を作りました。
しかし、うっかり記事にし忘れていました。
そこで、来年のために記録用にレシピとポイントを記事にしてみました。 

興味を持たれたらお付き合いください。

数字をクリックするとジャンプします。
お忙しい方は一部だけでもご覧ください。

目次

1.ブランデーベースの花桃酒

2.花桃酒の作り方のポイント

3.我が家の花桃について

4.まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

これは、昨年作った花桃酒の実を使ってジャム作りをした記事です。 

www.my-manekineko.net

 

お忙しい方は、「終わりへ」を「プチ」とすると文末に飛びます。 

終わりへ

 

 

 

1.ブランデーベースの花桃

 まずは、できあがった花桃酒をご覧ください。
これは、作成から1日立ったビンの様子です。

できあがった花桃酒の様子


花桃の実がうまい具合に液の中間くらいに漂っています。
下に沈んでいるのが氷砂糖です。
液は、ブランデーのリキュールです。


メルシャンのものを利用しました。

 

メルシャンのブランデーベースリキュール-果実酒用のお酒

ネットで買うと2200円くらいですが、
ディスカウントストアなら1300円くらいで購入できます。

 

 

お忙しい方へ: 終わりへ

 

 

2.花桃酒の作り方のポイント

 我が家の花桃酒の作り方のポイントをレシピ代わりに紹介します。

 

実の収穫
ポイント:8月中に収穫するのがお勧め


昨年は6月末に収穫して果実酒にしました。
それはそれでとても美味しかったのですが、実をジャムにするには少々堅かった(^_^;)
実と種を分離するのが結構大変でした。


そこで今年は8月末に収穫すると決めていました。
でも、先日の台風で半分くらいが地面に落ちてしまいました。
(写真は掲載無し(^_^;)あまりに無残な姿で…)


そのため、8月末まで待たずに8月26日に収穫しました。

収穫前の実の大きさを昨年と今年で比較した写真がこれです。

花桃の実


昨年6月末に収穫したものと今年のを比べると明らかに大きい(*^O^*)


倍とは言いませんが、一回り大きい感じがします。

期待が持てます(*^O^*)


収穫時に鳥さんについばまれたものや、虫が入り込んでいそうなものは取り除くと収穫出来たのはこのくらいでした。

収穫した花桃の実


大体2kg弱くらいです。


実をよく洗い、さらに桶に水を張ってしばらく水につけておきます。

ラップで覆いをしておきます。

花桃の実を水で洗う


ポイント:実は水にさらして選別

予め収穫時にきちんと選別したつもりでも、水につけておくと実から虫さんが頭を出してきます(^_^;)


それらをよけるために水にしばらく浸けて良い物だけを選別します。
(苦手な人が多いので写真はパスしておきました)

(実は家内も大の虫さん嫌い……皮をむくまでは私の仕事です)


皮をむく
ポイント:皮をむくときれいな状態で良い実だけが選べる
    :皮をむいた実も水につけておく


花桃の実には細かい産毛が沢山生えています。
水洗いしてもなかなか取れません。


皮ごと果実酒にするレシピも見かけますが…

この産毛の処理をどうしているのでしょう?

なかなか良策を見つけられませんでした。

そこで、
我が家はきれいなお酒にしたいので皮を剥くことにしました。


また、きれいそうな実でも皮をむくと虫さんや傷んだ部分が見つかります。

そうした意味でも皮を剥いた方が安心感があります。


濁ったり虫の浮いたお酒はねぇ…

(家内はそんなものを見たら即、ビンごと廃棄です)


さて、

花桃の実は皮を剥くと色が変わり出します。
剥いたあとも出来るだけ空気に触れないよう水に浸けておきます。

花桃の実の皮を剥く



この段階で、残りの実は約700gと三分の一に減ってしまいました(^_^;)


虫さんのいた実と皮は庭に埋めて肥料になっていただきました。


ビンに仕込む
ポイント:実は水気を切ってできるだけ早くお酒に漬けます。


洗浄したビンに皮をむいた花桃をならべ、氷砂糖を入れます。
実は計ったら734gでした。

そこで、氷砂糖もほぼ同量の745gを投入


(残っていた氷砂糖の量が大体同じなので投入しただけ…かなりアバウト(^_^;))

 

そして、今回の目玉
ブランデーベースのリキュールを入れます。

花桃の実にブランデーリキュールを注ぐ


使ったのは、先ほど紹介したメルシャンのもの。

35度のブランデーベースのリキュールを1.8ℓ投入します。


作成記録をつけて、完成した花桃酒がこちらです。

ビンに入った花桃の実の果実酒

 毎年年末に家族でお祝いをするときに飲み始めます。

楽しみですね(*^O^*)

 

ちなみにこれは昨年作った花桃酒の水割りです。

f:id:my-manekineko:20190902054107j:image

 

忙しい方へ: 終わりへ

 

スポンサーリンク

 

 

3.我が家の花桃について

 我が家の花桃は、娘が高校の卒業式に学校からいただいたものです。

すでに10数年(^_^;)

(月日のたつのが早い、早すぎる…)


とても強い木で、あまり手入れもしませんが毎年、きれいに花を咲かせます。

花桃の花 毎年4月頃に咲く

元気すぎて、枝がすぐに伸びてしまうので毎年冬に剪定だけはしています。

来年もきれいな花と実をつけてくれることを期待しています。

 

そして今年つけた花桃の実でまたジャムを作ろうかな(*^O^*)

 

www.my-manekineko.net

 

 

忙しい方へ: 終わりへ

 

4.まとめ

花桃の実は8月中に収穫


実は皮をむくときれいなお酒に仕上がる

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

読者登録やブコメ、☆などご訪問の足跡を残していただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

終わり

よろしければ、読者登録をお願いします。